落ち込んでいる男性

早漏防止に絶大な効果があり、人気となっているダポキセチンは、ヨーロッパ各国などではすでに医薬品として認可されている安全性の高い成分です。
とはいえ、薬効のあるものですから、用法や注意事項を守り、正しく服用する必要があります。
ダポキセチンは成分の名称であり、成分含有のお薬が多数開発されています。
多くの場合用法や用量などはどの製品も同じですが、購入の際にはそれぞれの薬の注意事項などをよく確認しましょう。
早漏治療薬として非常に効果があり、利便性も高いダポキセチンですが、体質などによって飲めない場合もあります。
ほとんどのダポキセチン含有薬に共通している注意事項として、女性の服用は禁止されています。
使用してよいのは18歳以上64歳以下の男性のみとなっています。
65歳を超える方の場合、医師と相談しながら、服用を検討しましょう。
また、肝臓の疾患や、不整脈などの心臓疾患がある場合も、服用できません。
うつ病やてんかん、低血圧の方も避けたほうが良いとされています。
これは何故かといいますと、ダポキセチンを服用時は血圧が下がり気味になる場合があるからです。
また、体質に関わらず、アルコール摂取時の服用はできません。
安全性の高い薬でも、副作用がまったく無いわけではありません。
ダポキセチンの場合、10パーセント程度の確率でめまいや下痢などが起こる場合があります。
5時間程度で血中濃度がほぼ0になるため、深刻な症状になることはありませんが、長く続く場合や心配な時は医師に相談しましょう。
ダポキセチンを使用することで、多くの男性が自信を深め、充実した性生活をおくっています。
早漏の原因には過度の緊張などもあるとされており、まずは自信と余裕を回復することが有効です。